活動報告 活動報告

児童行事や職員研修など、神戸市児童養護施設連盟の活動をご紹介。

2016年8月 アーカイブ

児童行事
2016.08.30

予測できない展開に会場ヒートアップ!バレーボール大会


8月29日(月)、養連バレーボール大会が開催されました。当日の天気は雨のため、少し肌寒さを感じましたが、会場の神戸市立中央体育館では、女子(年齢により一部男児)による熱い試合が繰り広げられました。今回で、24回目となるこの大会は、神戸の児童養護施設の子どもたちにとって、夏休みの大きな行事のひとつで、幼児から職員、卒園生までが集まり、施設一丸となってチームを応援します。
今年は11施設が参加し、予選リーグを戦い、上位4チームで決勝トーナメントを行いました。例年のことながら、前回大会の結果を参考にできない試合展開に、会場もヒートアップ状態でした。結果は、「1位・愛信学園」「2位・同朋学園」「3位・若葉学園」「4位・愛神愛隣舎」となりました。
どのチームも大会に向けて練習したことがよく伝わる試合内容でした。各チームでとくに活躍した選手に個人賞が授与され、選手たちは来年の大会に向けて、ますますやる気になっていました。

IMG_1085.JPG

その他
2016.08.19

力作、集合!児童絵画展予備審査を実施。


8月18日(水)午後3時から、兵庫区の平野児童館で、「第36回児童文化奨励絵画展」の予備審査が実施されました。これは、全国児童養護施設協議会が主催するコンクールの「神戸市予選」。今年は、神戸市内各施設から計35作品の応募がありました。どれも、クレヨンや絵の具など思い思いの画材を使って、観察力、想像力を目いっぱいふるった力作、意欲作ぞろい。その中から全国審査にあげる作品を厳選しなければなりません。審査員にとっては、なかなかのプレッシャーでした。投票と協議の結果、幼児1点、小学生2点、中・高校生2点を選考。全国審査へ送ることとなりました。今度は全国から集まった作品の中で選考がなされ、最終的な受賞結果は、今年11月東京で開催される全国児童養護施設長研究協議会で発表の予定です。神戸からの作品が、どうか入賞を果たしますように!

kaigaten.jpg

 |   |